信用保証協会というのは、中小企業や小規模事業者が金融機関から事業資金の融資を受けるにあたって、その保証人となり、融資が受けやすくなるようにするなどの活動を行っている機関です。
おおむね都道府県や主要な政令指定都市ごとに協会の事務所が置かれているため、地域産業に密着したかたちで、各種の相談なども受け付けています。
一般的に、創業後まだ間もないなど実績がなく、金融機関との取引も浅いような中小企業が資金調達をしようとしても、そのままでは金融機関から難色を示されることが多いため、所定の保証料を協会に支払うことによって、協会の信用保証制度を活用することになります。
こうして協会の保証付きとなった場合、万が一にも融資先企業の倒産などの事態があったとしても、金融機関としては借主にかわって協会からの立て替え払いを受けて債権を回収することができるため、融資の手続きがスムーズに進むようになります。
この協会の信用保証制度を利用するためには、資本金や従業員数が一定以下であるなど、要するに中小企業や小規模事業者の支援という趣旨に合致しているかどうかが条件となりますが、法人代表者以外の連帯保証人の設定や、担保の徴求なども通常はないため、かなり有力な手段となります。