抵当権とは

| 未分類 |

抵当権とは、民法によって定められている担保物権です。
これは、通常金銭の借り入れをするようなときなどに、貸す側である債権者が、借りる側である債務者からの返済を確保するために設定させるものです。
つまり、約束どおりに金銭の返済がなされない場合、土地や建物などに設定された抵当権を実行することで金銭の返済に代えて債権者がその不動産から優先的に弁済を受けることができるようにするものなのです。
抵当権は通常、住宅ローンを組んで家を建てるような場合に設定されます。土地を購入し、家を建てるためのお金を銀行から借りるとき、銀行はその土地と建物に抵当権を設定させ登記します。この抵当権の設定を受けておかないと、万が一住宅ローンが約束どおりに返済されない場合、銀行は最悪貸し倒れになってしまうからです。
しかし、抵当権は金銭を借りる本人だけが設定するものとは限りません。他人が金銭を借り入れるに際して、実際にお金を借りる債務者以外の人が設定することも可能です。このような場合、他人のために抵当権を設定する人のことを「物上保証人」といいます。抵当権は通常、土地や建物など不動産の上に設定するものですから、物上保証人は自分の所有する不動産上に抵当権を設定することになります。