人の借金の保証人にはなるな、と昔から言われています。特に連帯保証人は借金をした本人が返済を遅延していなくとも貸主から取り立てをされる可能性があります。つまり貸主はどちらに請求してもよいということなのです。また借金をした本人が逃げた場合は財産をなげうってでも返済をしなければなりません。
連帯保証人を仕方なく引き受ける場合は、もしもの場合に自分が払うことが可能な金額である時だけにする人が多いはずです。しかし根保証という契約が入っていることに気が付かずに慌てるケースはかなり多いといえます。例えば300万円の融資契約を確認して連帯保証人になっていたところ、ある日返済が滞って600万円の返済を迫られた、というようなケースです。
これは契約時の金額ではなく可能な融資枠の限度まで追加の融資を含めて何度でも保証するという内容になっているからです。最近では限度額上限があらかじめ決められることになっていますが以前は無制限でした。その上、期限も無制限でいたので永遠に借主の保証をし続けるということになっていたのです。この場合、自分でなんとか支払っても借主が新たに借りれば返済が終わることはありません。
現在も規制は厳しくなりましたが知らずに保証する人が多いので注意が必要です。