根抵当権と抵当権は、民法上共に担保物権として規定されています。しかし、この2つには決定的な違いがあります。
抵当権は、ある特定の債権を担保するために設定されるものです。
つまり、抵当権設定の目的である特定の債権が何らかの理由で消滅した場合には、抵当権自体が消滅することになります。これを抵当権の「附従性」といいます。
これと同じ理由で、抵当権はその担保の目的である債権が譲渡(債務譲渡)された場合、その債権に伴って移転することになります。これを抵当権の「随伴性」といいます。
抵当権が登記されている場合、その担保の目的である債権が譲渡された場合には、「債権譲渡」を原因として抵当権の移転登記を申請することができます。
これに対し、根抵当権はある特定の債権を担保するものではありません。
根抵当権は通常土地や建物など不動産に設定されますが、設定の際に決められる極度額を限度として、債権者と債務者の間で継続的に発生・消滅する不特定多数の債権を担保するというものなのです。もちろん不特定多数といっても無限ではなく、根抵当権の設定契約をする際に取り決められる「債権の範囲」に限定されます。
上述のように根抵当権は特定の債権を担保するものではないため、抵当権のように債権の譲渡により移転することがありません。つまり根抵当権はその担保する債権が譲渡された場合でも、それを原因として根抵当権移転登記をするということがないのです。