あんなに愛し合って結婚し子どもも授かったのに、何がきっかけか残念な結末を迎える夫婦のお悩みポイントのほとんどは、慰謝料と養育費についてでしょう。中でも一番心配なのは、支払うと約束した金額をきちんと払ってくれるのか?約束事を果たしてくれるのか?という点ではないでしょうか?
それらを解決するためには、まず公正証書という公的文書にて約束することが一つ挙げられます。法律的にも有効ですので、もし支払いが滞った場合、給料の差し押さえなどが可能となります。とはいえ、相手の支払い能力が約束期間ずっと続けばよいですが、このご時世ですし、突然相手が失業したなどの理由で支払えなくなることも予想できます。いくら公正証書でも、ないところから払えというわけにはいきません。そこで必要となるのが連帯保証人の存在です。支払えない相手の代わりに支払ってもらうわけですから、基本的には相手の両親にお願いするのが妥当でしょう。公正証書の作成時にも連帯保証人として名を連ねることになりますし、公証役場へ出向いてもらうこととなりますので、必ず同意は必要です。そのポイントを押さえておけば、万が一支払いが滞っても連帯保証人へ請求することができます。