ある人が死亡した場合、その人の財産は法律で定めるところにより一定の人に受け継がれることになります。これが「相続」です。
このような場合、相続人はその受け継いだ財産の内訳をよく確認する必要があります。
「財産」といえば通常受け継ぐことで経済的に利益を受けるもの(「得」するもの)と判断しがちですが、実際にはマイナスとなる財産が含まれていることもあるからです。
たとえば死亡した人が生前借金を抱えていたような場合、その人の死亡によってこの支払うべき債務も「財産」として引き継がれることになります。
これは保証人としての地位も同様です。つまり死亡した人が生前、誰かの債務の保証人となっていたような場合、その人の死亡によりこの保証人としての債務、保証債務は同様に引き継がれることになります。
特にこれが連帯保証や身元保証などのように法律的責任が重大なものである場合には注意が必要です。
もしこのような債務が財産の中に含まれているような場合には、財産の内訳をよく吟味し、プラスの財産とマイナスの財産を通算した結果、その財産を引き継ぐのが得になるのか損になるのかを計算する必要があるでしょう。
もし引き継ぐことにより損をするようであれば、一定の期間内に家庭裁判所に対して相続放棄の申述をすることになります。