よく離婚の際に揉めるのが、住んでいた家のローンをどうするかという問題です。財産分与と合わせて検討されることが多く、一般的な処理としては夫婦のうちその家に住み続ける方がローンを支払っていくという取り決めが多くなされます。しかし、そのような取り決めをしたからといってローンの支払い義務を完全に逃れられないケースもあります。

例えば、夫を主債務者、妻を連帯保証人として住宅ローンの契約を行った場合、離婚によって妻が家を出て夫がローンを支払っていくとしても、妻が保証人の地位から抜け出せるわけではありません。なぜなら、このような契約と夫婦関係の存続は契約上無関係だからです。もし、妻が保証人の地位から抜け出そうとするならば、銀行と交渉して保証契約を合意解除する必要があります。その際には、銀行から別の保証人を求められるケースがほとんどです。

なお、上記のケースにおいて妻が連帯債務者となっている場合にはなおさら支払い義務を逃れることができません。というのも、連帯債務者はお金を借りた本人と同じ地位にあるからです。

そのため、配偶者の組む住宅ローンの保証人や連帯債務者となる場合には、配偶者の収入や資力などを十分に考えて契約する必要があります。
弦